人材採用のミスマッチを防ぐ!!

ソリューション事業部ヒューマンサポートグループよりお届けいたします。

就職において避けては通れない面接ですが
面接官は一次試験は人事、二次は管理職、最終は代表取締役…といったイメージをもっておられませんか?
実は近頃この面接官に少し動きがあるのです。

それは

「面接官に、同じチームで業務を行うメンバーが参加」

することです。

従来は採用については人事(採用担当)が行うことが主流でした。

ですが人事が良いと思う人材と、現場が良いと思う人材にズレがあること多く
結果として採用に繋がらなかったり、早期退職で定着しないといった事例がございました。

この求職者と働くかもしれないメンバーが、人事と一緒に面接に参加する手法をとることで
人事側と現場側がすり合わせが出来、ミスマッチを防ぐことが出来ます。
また、求職者にとっても、現場で働くメンバーの顔が見えることにより企業イメージがしやすくなるのです。

面接のオンライン化、AIの導入、リファレンスチェックの重要性の増加など
コロナ禍をきっかけに採用活動も今までとは形を変えてきております。

人材の採用はどの企業にとってはとても重要、かつ悩みの尽きない業務のひとつです。
採用に関する気になることがございましたら、是非一度スリーエスにご相談ください。

スリーエスヒューマンサポートグループでは、採用にかかわる全てのコンサルティングをおこなっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
スリーエスネットHP ヒューマンサポート

Related Posts